トップ取扱業務相続・遺言 > よくある質問(遺言)

よくある質問(遺言)

父は認知症ですが、遺言をすることは可能でしょうか

遺言書は、死後に財産をどのように分けるか等を定めた大事な文書ですので、その内容を把握した上で作成されなければなりません。そうすると、重度の認知症等であって、遺言書作成時に遺言内容を全く把握できないような場合には、遺言書は作成できません。

このように、遺言をするのに必要な精神的な能力のことを遺言能力などと呼んでいます。遺言書作成時にこの能力がなければ遺言書は無効とされます。

 

一口に認知症といっても、その程度は様々でしょうし、認知能力も時期によって変動があるでしょうから、認知症の方は絶対に遺言をすることができない、というわけではありません。認知症の方が遺言をしようとする場合には、まず、弁護士等専門家の意見を聞くことが望ましいでしょう。