トップ取扱業務交通事故> よくある質問(過失割合) 

よくある質問(過失割合)

事故態様につき、相手主張とこちらの主張が大きく違う場合、どうすべきですか

例えば、交差点での衝突事故の場合などに、信号機の色について、事故当事者の言い分が異なる場合があります。このような場合、当然、過失割合についても当事者の言い分が異なり、賠償額について、当事者の間での交渉がまとまらないことがほとんどです。

 

過失割合がどの程度になるかは、事故の態様と大きく関係します。例えば、上述のような交差点での衝突事故の場合、信号機の色などは、過失割合に大きく影響する事柄です。

したがって、事故当事者の事故の態様に関する主張が大きく異なっている場合、過失割合も定まりません。

そのため、過失割合を確定するため、どのような事実があったか明らかにする必要がるでしょう。すなわち、訴訟を行う必要があると思われます。

 

訴訟においては、様々な証拠(当事者の証言など)により事実を確認することになります。

どのような証拠を集めるか、については、事故態様等によって異なりますが、一般論として述べると、運転していた当事者や目撃者の証言、事故車両の傷、事故直後の現場の状況を示した写真などが必要になると思われます。

また、警察において実況見分調書を作成している場合には、これも重要な証拠となるでしょう。